今井俊満 紅葉賀(鑑定書付)

¥ 172,800 税込

商品コード: KTA1706001

関連カテゴリ

  1. 国内作家
  2. 今井俊満

今井俊満
制作年:1990年
エディション:限定EA
販売数量:1点のみの販売になります。
技法:ミックスドメディア
サイン:直筆サインあり
作品の状態:良好
作品サイズ(約):W55×H74.8cm
額:額装してお届けします(木)
特記事項:長男 今井アレクサンドル氏の鑑定書付き
お届け(約):2~3週間
送料:無料

作家紹介

Toshimitsu Imai
今井俊満(1928〜2002)

1928年京都府生まれ。1952年、フランスに留学しサム・フランシスと知り合い、アンフォルメルのジョルジュ・マチュー、セザール、アンリ・ミショーなどの画家たちとともにアンフォルメル運動に加わった。

同時期、岡本太郎の要請で「世界・今日の美術展」(1956年 日本橋高島屋)でアンフォルメル作家の出品をアレンジ、これが日本におけるアンフォルメルのデビューとされる。 1960〜70年代には、日仏を中心に世界的評価が高まり、大阪万国博覧会では、企業パビリオンの美術監督を務めるなど活動の領域をひろげていった。

しかしながら、1983年頃より、突如金銀を用いた「琳派」を彷彿とさせる装飾性あふれる「花鳥風月」のシリーズが始まった。その変貌の理由は、自身で「日本の伝統的芸術遺産の特定の形態に回帰ではなく、伝統芸術の奥底を流れる、定かならぬ全体」なのだという。さらに90年代には、一転して髑髏などをモチーフに戦争告発にむけた表現主義的な作品を展開。作家としての底知れぬパワーを見せつけた。1979年紺綬褒章、1983年フランスの芸術文化勲章オフィシエ、1995年レジオン・ド・ヌール勲章シュバリエ受章、1997年フランス芸術文化勲章コマンドールなどの受章や、2008年には文部大臣表彰など輝かしい足跡をのこしたが、残念ながら2002年膀胱がんのため死去、享年73歳と早すぎる幕引きとなった。息子の今井アレクサンドル、今井龍満は現在も画家で活躍している。